ファストフード店はとにかく忙しい!スピード勝負の飲食店

スピードが命のファストフード店

飲食店でアルバイトをするというときに、ファストフード店を敬遠する人も良くいますね。それはやはり、ファストフード店の仕事がかなり忙しいからということが言えるからかもしれません。ファストフードというのは、その名の通りスピードが売りの食べ物ですよね。ファストフードなのに出来上がるのが遅かったらファストフードではなくなってしまいますね。なので、ファストフード店の仕事というのはスピードが命で、てきぱきと動くことが要求されるのです。

身だしなみはしっかりと

ファストフード店では身だしなみについてもしっかりと指導されることが多いです。何より食品を扱う仕事でもありますし、またさまざまな年齢層のお客さんがやってきますから、お店のイメージを保つためにも、身だしなみには厳しめのお店が多いというのが現状です。髪型や髭、メイクやネイルなどの化粧などを制限しているお店がほとんどであり、遊びたい盛りの若い学生だったりすると、こうした制限を窮屈に感じる人も多いかもしれませんね。

通勤が便利で仕事も早い

しかしファストフード店にも、もちろんメリットはありますよ。たとえば、ファストフードという性質上、パパッと食べられるということが求められますから、立地については駅の近くにあったりして、通勤することにはとても便利になっています。また仕事をするにしても、忙しかったりすると時間て早く過ぎてしまうものですよね。ファストフード店というのは、スピーディーな仕事が求められ、頭で考えるよりも身体を動かす仕事なので、時間を考える暇もなくすぐにバイト時間が終わっていたりしますよ。

飲食の求人なら大阪市中心部ですぐに見つかりますので、接客・調理の仕事がしたい場合は応募してみて下さい。

コンビニでバイトをすることのメリット3選

24時間営業だからいつでも働ける

多数あるバイトの選択肢の中でコンビニバイトの特徴と言えばいつでもシフトを入れて働くことができるということでしょう。地方のコンビニでは夜間は閉店する場合もあるものの、全国的に展開している主要なコンビニでは24時間営業が通常となっていることから、朝でも夜でも好きな時間に働くことができます。日によって時間がはっきりと定まらない様々な予定が入っている人にとってはバイトの時間を融通しやすいコンビニはとても働きやすいバイト先なのです。

幅広い仕事体験ができる

外から見たコンビニのバイトの仕事はほとんど接客業に見えるかもしれません。しかし、実際にバイトをしてみると様々な経験ができるというのが魅力的な面です。接客の合間に配達された商品の倉庫への入庫や倉庫から店舗内への出庫の手続きを行ったり、店内在庫の賞味期限等の管理も行います。また、お客の少ないタイミングを見計らって清掃を行ったり、肉まんやおでんなどの調理を行ったりすることも仕事のうちになります。こういった幅広い仕事を臨機応変に行うスキルが身につくのです。

夜勤をすれば時給も高い

コンビニのバイトは好きな時間に長い時間働くことができるものの、その時給はあまり高くないと考えられがちです。それも事実ではありますが、コンビニで高い時給で働く方法もあります。夜勤を選んで働くことによって時給が上がるのです。特に昼間は別の仕事や学業等を行っている場合には時間の空いている夜に働くのは自然の流れであり、そういった選択をすることによって効率的にコンビニのバイトで稼いでいくこともできるのです。

初めてのアルバイトはコンビニのバイトがお勧めです。接客からレジまで基本的なことを全て学ぶことが出来ます。

子どもが大好き!保育士になるために必要な事

保育士の資格はどうやってとるの?

子どもが大好き、幼児教育に興味がある、子どもの頃からの憧れ、保育士を目指す理由には人それぞれ、色々な理由があると思います。では保育士になろうと思った時、いったいどのような資格をとり、どこでその資格を取ればよいのでしょうか。まずは、保育士資格を出している短大や大学で実習を含む所定の単位を修得する方法です。でも、既に大学などを卒業していて、また通うには時間も費用もない、という人にも別の方法があります!それは保育士試験を受けて資格を取得する方法です。この試験では筆記試験だけでなく、実技試験もあるので十分な準備が必要です。

保育士試験の内容とは?

では、筆記と実技がある保育士試験とはどのようなものなのでしょうか。まず、筆記試験については福祉・児童心理・保健学・栄養学また教育や保育に関する理論などがあります。専門書を熟読し、過去問などを参照する必要がありそうですね。次に、実技は音楽表現・造形表現・言語表現の3種類から2種類を選択して受験することになります。ただし、この実技試験については、筆記試験を合格してからでないと受験できないので、まずは筆記試験を通ることが先決といえるでしょう。

いずれ幼稚園教諭免許も必要になる可能性も

ここまで、保育士資格の取得方法について挙げてきましたが、近年では単独の保育園だけでなく、幼稚園との連携を目指した園の設置についても取りざたされています。そのような園の場合、保育士資格だけでなく、幼稚園教諭免許も必要となってきます。また、幼稚園教諭免許を取得していると、保育士試験の際に筆記試験の一部に受験免除となる科目があります。もし、これから短大や大学へ行って資格を取りたいという人は、幼稚園教諭免許の取得も視野に入れるといいかもしれませんね。

保育園の整備が全国で進む中、保育士が不足しています。特に子供の多い神奈川では顕著と言えます。保育士の求人を神奈川で探せば、待遇の良い求人が見つかりやすいメリットがあります。