介護の仕事に就きたいと思った時、事前にしておきたいこと。

介護に関する資格を取得しておく。

介護の仕事は、少子高齢化社会の影響もあって、老人ホームやデイサービス、ホームヘルパーなど数多くの仕事があります。しかし、よりよい条件のもとで仕事をするために、介護の仕事に就く前にさまざまなことをしておく必要があります。介護の仕事は働く場所によっては、資格も経験も問わないところも多いですが、介護福祉士やホームヘルパーなどの資格があった方が就業するのに有利になることもありますし、資格がないと働けないところもあるので、まずは介護に関する資格を取得することを検討して就業するのがいいと思います。また勤務先によっては、そこで勤務しながら資格取得ができるよう支援をしてくれるところもあるので、求人を探す際にそのような面を見てから応募するのもいいと思います。

介護の仕事の経験者に話を聞く。

介護の仕事は、職種や雇用形態によっても内容が変わってきますが、一般に体力的にも精神的に重労働と言われている職業のひとつです。介護の仕事をしたことがないけれども興味があるとか、介護の仕事に転職することを本気で考えているなら、一度介護の仕事の経験者に話を聞いてみるのもいいと思います。一般に言われている重労働ということ以外にも、経験者にしかわからない情報や仕事をしていてよかったと思ったことなど、さまざまな話を聞いたりすることができると思います。

自分に合った職場を探してみる。

介護の職場は現在たくさんあり、そのほとんどで求人情報を出していることが多いです。職場が多くあるので、自分の希望する勤務日や時間帯で勤務できるところを探したり、子育て中の人なら、そのような状況にある人でも積極的に採用している職場を探したり、託児所付きの職場を探してみるのもいいと思います。職場によっては、面接の際に職場の様子を説明してくれたり、様子を見せてくれるところもあるので、可能ならば就業する前に職場見学をしてから働くところを決めるのがいいと思います。

介護福祉士やケアマネージャー、理学療法士などの介護系資格を取得していれば、介護に就職する際に役立ちます。