ガソリンスタンドを経営する方法について説明していきます

ガソリンスタンドを経営するには許可が必要です

ガソリンスタンドを開業するには、揮発油等の品質の確保等に関する法律による手続きが必要で、手続き先は、経済産業省になります。また、消防法11条に、定められた基準に従って、ガソリンスタンドの位置・構造・設備等をつくらなければいけないので、それも、市町村長の許可が必要になってきます。手続きは、各消防本部や消防署からする事ができます。また、ガソリンなどの販売する燃料の仕入先との、契約も必要になってきます。

ガソリンスタンドをするには危険物取扱者が必要です

ガソリンスタンドを開業するには、危険物取扱者乙種第四類か、危険物取扱者甲種の資格を持った人を一人置かなければいけなと、消防法で定められています。危険物甲種取扱者は、危険物乙種取扱者の第一類から第六類までの全てを取り扱えるもので、試験も難しいので、危険物取扱者乙種第四類を持っていれば十分です。危険物取扱者第四類の試験の合格率は、30%位になっていて、勉強すれば、合格できる可能性の大きい資格になっています。

ガソリンスタンドを経営するには技術も必要です

ガソリンスタンドでは、ただ、計量器を使ってガソリンやその他の燃料を自動車に給油するだけではなくて、自動車に関連したいろいろな技術が必要になってきます。タイヤ交換やパンク修理の技術も必要ですし、自動車のエンジンオイルや、ギアオイルの交換の技術も必要になってきます。また、自動車のライトが切れた場合の電球の交換や、ヒューズの交換、それに、バッテリーの充電や交換などの、電気関係の技術も必要になってきます。ガソリンスタンドのオーナーは、それらの技術を持った人を雇うか、自分でマスターしないといけないです。

ガソリンスタンドでのバイトは明るさとハキハキとした接客能力があると非常に採用されやすくなるでしょう。