ガソリンスタンドを経営する方法について説明していきます

ガソリンスタンドを経営するには許可が必要です

ガソリンスタンドを開業するには、揮発油等の品質の確保等に関する法律による手続きが必要で、手続き先は、経済産業省になります。また、消防法11条に、定められた基準に従って、ガソリンスタンドの位置・構造・設備等をつくらなければいけないので、それも、市町村長の許可が必要になってきます。手続きは、各消防本部や消防署からする事ができます。また、ガソリンなどの販売する燃料の仕入先との、契約も必要になってきます。

ガソリンスタンドをするには危険物取扱者が必要です

ガソリンスタンドを開業するには、危険物取扱者乙種第四類か、危険物取扱者甲種の資格を持った人を一人置かなければいけなと、消防法で定められています。危険物甲種取扱者は、危険物乙種取扱者の第一類から第六類までの全てを取り扱えるもので、試験も難しいので、危険物取扱者乙種第四類を持っていれば十分です。危険物取扱者第四類の試験の合格率は、30%位になっていて、勉強すれば、合格できる可能性の大きい資格になっています。

ガソリンスタンドを経営するには技術も必要です

ガソリンスタンドでは、ただ、計量器を使ってガソリンやその他の燃料を自動車に給油するだけではなくて、自動車に関連したいろいろな技術が必要になってきます。タイヤ交換やパンク修理の技術も必要ですし、自動車のエンジンオイルや、ギアオイルの交換の技術も必要になってきます。また、自動車のライトが切れた場合の電球の交換や、ヒューズの交換、それに、バッテリーの充電や交換などの、電気関係の技術も必要になってきます。ガソリンスタンドのオーナーは、それらの技術を持った人を雇うか、自分でマスターしないといけないです。

ガソリンスタンドでのバイトは明るさとハキハキとした接客能力があると非常に採用されやすくなるでしょう。

初めての人は要注意!意外と難しいアルバイトの選び方

空いた時間でできるバイトは貴重

大学生になったら、本業の合間に、バイトを始めたくなるものですよね。私も大学に入ったら、たくさんアルバイトをして簡単にお金がたまるものだと思っていました。ところが求人サイトを見てみてがっかり!週3回以上、一日5時間以上など細かい条件がついていて、なかなかいいバイトが見つからない…。さらに面接に行って「ウチは火曜日は人が足りてるからいらないよ」って言われたことも!バイトは条件が厳しいです。友達の口コミも参考にしながら、自分にピッタリなバイトを見つけたいものですね。

職場の雰囲気でモチベーションも全然違う!

学校のクラス、部活のメンバー。この人たちがどんな雰囲気かによって、学校や部活が楽しいかが大きく左右されるのはあなたも知っての通り。これは職場でも一緒です!例えば人が少なすぎて一緒に働く仲間がいつもピリピリ、イライラしていたのでは、不要に疲れてしまうし、バイトに行くのも憂鬱になってしまう…。一番近くで働く仲間はやっぱり一緒に働きたいと思える人がいいですよね。私の経験では、少し年代の違う大人の人と働くのは円滑にいくし、普段学校では得られない社会のことも教えてもらえてよい経験になります!あと雰囲気という点では、お店でかかっている音楽が好みにあうとハッピーな気分でお仕事できますよ。

お給料はしっかり確認!

さて、最後は当然のことですが、お給料!です!これのためにお仕事するんですよね…。働き始める前に、しっかり確認しておきたいのがお給料。塾系統のところでは、授業時間のみの支払いで準備時間などは含まれないということもあります。そのほか交通費は出るのか?残業手当は?などなど気をつけるポイントはたくさん!しっかり納得してから働きはじめるのが大切です。せっかくお給料も、それからもちろん社会経験にもなるアルバイト、会社のためにも自分のためにもきちんとした契約を結んで輝いちゃいましょうね!

仙台での飲食店なら求人を見つけやすい理由は、たくさんの件数がありますので、希望の条件から重点的に探せるからです。

ファストフード店はとにかく忙しい!スピード勝負の飲食店

スピードが命のファストフード店

飲食店でアルバイトをするというときに、ファストフード店を敬遠する人も良くいますね。それはやはり、ファストフード店の仕事がかなり忙しいからということが言えるからかもしれません。ファストフードというのは、その名の通りスピードが売りの食べ物ですよね。ファストフードなのに出来上がるのが遅かったらファストフードではなくなってしまいますね。なので、ファストフード店の仕事というのはスピードが命で、てきぱきと動くことが要求されるのです。

身だしなみはしっかりと

ファストフード店では身だしなみについてもしっかりと指導されることが多いです。何より食品を扱う仕事でもありますし、またさまざまな年齢層のお客さんがやってきますから、お店のイメージを保つためにも、身だしなみには厳しめのお店が多いというのが現状です。髪型や髭、メイクやネイルなどの化粧などを制限しているお店がほとんどであり、遊びたい盛りの若い学生だったりすると、こうした制限を窮屈に感じる人も多いかもしれませんね。

通勤が便利で仕事も早い

しかしファストフード店にも、もちろんメリットはありますよ。たとえば、ファストフードという性質上、パパッと食べられるということが求められますから、立地については駅の近くにあったりして、通勤することにはとても便利になっています。また仕事をするにしても、忙しかったりすると時間て早く過ぎてしまうものですよね。ファストフード店というのは、スピーディーな仕事が求められ、頭で考えるよりも身体を動かす仕事なので、時間を考える暇もなくすぐにバイト時間が終わっていたりしますよ。

飲食の求人なら大阪市中心部ですぐに見つかりますので、接客・調理の仕事がしたい場合は応募してみて下さい。